財務会計

2014年7月恵日

2014年度夏季特別献金のお願い

主の御名を賛美いたします。

梅雨明け前に大型の台風が日本列島を襲うなど、不安定な天候が続いていますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。日頃、JCFNの働きを祈りに覚えて下さり、また実際に様々な形で加わって下さる皆さまに、感謝申し上げます。

7月に入り、JCFNでは新しい年度が始まりましたが、それに先だち、6月にアメリカ・ミシガン州で2014年度理事会をもち、これまでの5ヵ年テーマ"Transforming the changing world with an unchanging truth"の確認と今年度はその最終年度としての取組みについて検討しました。その中で、来年、2015年9月20~23日の日程で、帰国者にフォーカスした大会としてGlobal Returnees Conference 2015(略称:GRC15、日本語:全世界からの帰国者コンファレンス、会場:河口湖近隣ホテル)を主催、開催することと致しました。

これまでなされましたANRC09、10、12の3つの大会を振り返り、依然として帰国者が抱える課題への取組みは極めて大切であり、JCFNにとって中心的な働きがここにあるとあらためて確認させられました。そして、帰国者ミニストリーのために日本に事務所をこれからも維持し、ここをベースにこれらに伴う諸々の活動を支障なく進めることができるようにと願ってやみません。

つきましては、「夏季特別献金のお願い」のご案内をお送り致します。ご検討を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

◎夏季特別献金の使途目的と目標額◎

(1)日本事務所運営費のために。
ミニストリーの継続と前進には背後にある事務の働きが安定して続けられることが極めて重要です。特に、GRC15を企画、開催するにあたり、事務所の安定が求められます。また、お茶の水クリスチャンセンター内に事務所があることで、帰国者が気軽に立ち寄ることができる素晴らしさも体験しています。事務所運営を継続していくために献金を募ります。

(2)主事夏季特別手当のために。
日米各主事の必要な働きと生活に支障が出ないように、夏季特別手当としてこれまで通り支給できるように願っています。月々の主事支援とは別に、主事夏季特別献金を募ります。

夏季特別献金の目標額:日本事務所運営費60万円 主事夏季特別手当50万円

fundraiseletterpic

◎夏季特別献金への参加方法◎

(1)郵便振替(「JSF」とご明記ください。)
加入者名:JCFN 口座番号00100-8-565348 もしくは、同封の振替用紙をご利用ください。
(2)みずほ銀行(「JSF」とご明記ください。)
九段支店 店番号532 口座番号1161342口座名JCFN代表 後藤満喜[JCFN ダイヒョウ ゴトウマキ]
(3)クレジットカード(USドル建て)
www.jcfn.org/donationより「その他、特別献金」としてお捧げください。記入欄に「JSF」とご記入の上、指定先がある場合は続けてご記入ください。

指定方法:
* 運営費への献金は、「運営費」とご明記ください。
* 主事手当への献金は、指定主事がある場合、主事名をご記入ください。
* 継続的献金者、定期的支援者になってくださる方は、その旨を同封の郵便振替のメモ欄に
ご記入、もしくは日本事務所へ直接お知らせ頂ければ感謝です。

夏季特別献金受付期間:2014年9月30日(火)まで

また、あわせて次のことのためにもお祈りください。

(1)継続的な支援者、祈りのパートナーが与えられるように。
(2)Global Returnees Conference 2015(2015年9月20日〜23日)の準備のために。
(3)JCFNに働き人(主事、協力主事、ボランティア)が加えられるように。

末尾になりますが、皆様方の上に主の豊かな祝福がありますように

理事長 米内宏明
日本代表主事 中村千尋