Copyright 2017 - Japanese Christian Fellowship Network

新年明けましておめでとうございます。

  2016年も、海外と日本を行き来する帰国者、移動者のフォローアップが守られた一年でした。最近は、北米のみならず、様々な国からの帰国者のフォローに加え、日本から海外へ、また、海外から別の国に移動される方々のフォローも増えています。

 昨年は、北米では夏に2007年から開始し10回目となったWITリーダーシップキャンプを開催、また、JCFNの働きの25周年を祝いハワイで修養会を開催しました。年末には1997年より開始し14回目となったequipper conferenceを開催し、2016年を締めくくりました。日本では、2015年に行われたGRC15を経て活気づけられた地域の帰国者の働きへの励ましのために主に活動を進めました。

 2017年、引き続き神様の働きへの招きに応答し、年度目標として掲げた「Back to the basics」に基づき、帰国者の思いに寄り添い、基本に立ち返った働きを進めていきたいと願っています。ぜひ、様々な場所、また様々な形でこの働きに2017年も関わってくだされば幸いです。また、今年は人事・運営体制の面で日米ともに変化を通る年になります。主事・協力主事として働きに加わる方が起こされるように、特別に祈りに覚えていただきますよう、よろしくお願いします。

 新しい年の祝福をお祈りしています。

JCFN主事一同

 
イクイッパー・カンファレンスのご報告
 
 

主の勝利の御名を賛美いたします!

ecで350人の愛する兄弟姉妹とカウントダウンしてから早2週間が経ちました!今回のecも本当に主の素晴らしい祝福の中で行われました!

「Rise & Go~イエスの勝利の御名によって」というテーマを掲げながら、主の大いなる御業を拝見、そして体験させていただきました。お祈りありがとうございました!最前列で完全に恵みの受身となりながら奉仕をさせてくださった主の憐れみと恵みに未だに感激しております。

  初日の夜の集会では内越先生を通して、赦しがある故に体験できるクリスチャンとしての特権を思い起こさせるメッセージを聴きました。たくさんの参加者が罪と赦しに関して強く語られ、示されていたようでした。

 次の4日間は「イエスの勝利の御名によって」というコンセプトを土台に修養会が行われました。毎朝90分におよぶインダクティブ・バイブル・スタディー(帰納法的聖書研究)を通して、ルカによる福音書を深く勉強し、そのすぐ後に行われる朝の集会中の聖書講解で山崎ランサム先生が更に同じ箇所からより深く、しかしシンプルに御言葉を解き明かしてくださいました。ルカの福音書を通して、信じる者になること、弟子になること、隣人になること、そして証人になること、が秩序立てて語られ、その中から主の深い愛と力を感じることができました。

 テーマがRise&Goというのもあり、やはり立ち上がる前に倒れている自分とも向き合う時が必要でした。それに伴うかのように、十字架の愛が心にズキーンとくるようなメッセージが次々と語られました。清水摂主事がイエス様とペテロの会話を通して、いつでも、どこでもイエス様は私たちの為に取り成してくださっている、と語ってくださいました。3日目夜の男女別集会では金田豪先生夫妻が、男女それぞれに因んだスタイルでライフステージのどこに立っていようと、私達のアイデンティティーは天にある、という事を、十字架の愛を中心としたメッセージを通して語ってくださいました。

 また、他の夜の集会では、内越先生のメッセージを通して立ち上がる事は愛することから始まる、ということ、そしてイエス様がペテロに訊いたように、私たちにも「わたしを愛しますか?」と語りかけてくださっている事を学び、そこからチャレンジを受けました。チャレンジを心に受け止めた参加者の中からは、献身の決意をした人もたくさん与えられました。最終日はRise&Goというメッセージが大胆に語られ、私たちが弱いからこそ、御力によって、主イエスを信じる弟子となること、イエス様が私たちの隣人になってくれたから、私たちも隣人となること、そして主イエスの証人として出て行く事が出来る事を確信しつつ、2017年の年を越しました。

「あなたがたは世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」

 これからも私たちはたくさんの患難に出会いますが、その度にイエスの勝利によっていただく力によって立ち上がり、出て行けるのです。

 みなさんのお祈りをありがとうございます。それぞれの場所でみなさんが色んな形を通してRise&Goを体験することができますように。

Rise&Go、イエスの勝利の御名によって、

峯真理杏
ec16実行委員長

 
 
 
「帰国者ワークブック社会人・駐在&ファミリー編パイロット版」
ついに出版!
待望の帰国者ワークブック社会人バージョン、パイロット版が出版されました。従来の逆カルチャーショックへの備えに加え、日本社会で働くこと、帰国子女の適応、子育て、日本の教会のこと等、日本の社会でキリストを証する者として整えられるために、ぜひお用いください。お申込み、お問い合わせは、日米JCFN事務所まで。
日本:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。, 北米:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 
 
日本事務所冬季特別献金中間報告

日本事務所では1月31日まで冬季特別献金を受け付けています。事務所運営のため、また、各主事への冬季特別手当のために目標額100万円を掲げています。1月6日現在、目標額の70.6%である706,000円が献げられています。引き続き、必要が満たされるようにお祈りください。

 
「年間維持会員」受付中
 
維持会員の会員任期はお申し込みの時期にかかわらず、7月〜6月になります。
2016年度の「年間維持会員」を受け付けます。
「年間維持会員」とは、維持献金(年間3,000円/30ドル)をもって、
JCFNの働きをご支援いただく会員になります。
よろしくお願いします。

 
↓↓ 維持会員登録はこちらから ↓↓
JCFN維持会員になります!
 
帰国者セミナーのビデオ(イントロ+全4回)。ぜひ、帰国準備のためにお用いください。画像をクリックするとイントロビデオを見ることができます。セミナーのビデオ全セッションはJCFNウェブサイトからご覧いただけます。
 
日時:2017年3月18日〜20日
場所:信楽キリスト教会
〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野845-2
講師:内村伸之師(ミラノ賛美教会)
齋藤篤師(日本基督教団深沢教会)
田辺正隆師(奥多摩福音キリスト教会牧師)
詳細は、こちらから。
ぜひ祈り、ご参加ください!
 
RJC International Conference
日時:2017年2月16日(木)~2月18日(土)
場所:CALVARY CHAPEL LA HABRA
1370 EUCLID ST. LA HABRA, CA 90631
テーマ:預けられたタラントを忠実に生かす
講師:マコト・フジムラ師、河野勇一師
詳細は、こちらから。
ぜひ祈り、ご参加ください。

f t g