Copyright 2017 - Japanese Christian Fellowship Network

祈りの勇士について
祈りの勇士の働き
祈りの勇士に登録したら…
祈りの勇士に登録します!

 

ha.gif 祈りの勇士について

「すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。」(エペソ6:18)

JCFNの働きは、その創設当時から「祈りの勇士」というJCFNの働きのために特別な重荷をもって祈る人々によって支えられてきました。

「祈りの勇士」はJCFN会員によって構成されており、海外で信仰(または求道の思い)を持ち日本に帰国する方々が主にあって成長し、主の働き人となることを通して日本宣教の拡大がなされていく、というJCFNのビジョンのために、祈り捧げています。また、リターニーを支えるためにさまざまな活動を展開しているJCFNの働き、運営、行事のために特別に祈る中で、その人たち自身もみずから主との関係を深め、主にあって成長していくことを目指しています。

ha.gif

 祈りの勇士の働き


祈りの勇士の働きの中心は、とりなしの祈りです。
とりなしの祈りは、様々な祈りと願いを持って、神と人の間に立ち仕える事で、聖書の中の代表的なとりなしの祈り例として、モーセの祈り(出エジプト32:11-13)、キリストの祈り(ヨハネ17章)、パウロの祈り(コロサイ1:9-12)を挙げる事ができます。
祈りの勇士は、以下の内容について、神と人の間で、祈り、願い、仕えます。

1) リターニーがイエス・キリストにあって成長するためにとりなし、祈る

2) JCFNの働きのためにとりなし、祈る

(ア) JCFNの運営のために(運営、財政、その他)
(イ) JCFNのミニストリー(宣教の働き)と行事(地域集会、修養会、セミナー、巡回、その他)のために
(ウ) JCFNを支えるスタッフ(主事、理事、その他)のために

3) JCFN以外の海外日本人宣教、帰国者ミニストリーのためにとりなし、祈る

(ア) 帰国準備、フォローアップに関わるさまざまな地域集会のために
(イ) 帰国準備、海外における日本人宣教のための行事、修養会のために
(ウ) 諸団体、諸集会を支えるスタッフ、ミニスター、奉仕者たちのために


4) JCFN会員、また関係者より送られてくる、さまざまな祈りの課題(個人、ミニストリー)のためにとりなし、祈る

ha.gif

 祈りの勇士に登録したら・・・

  • 祈りの勇士の祈祷課題は、電子メールで一週間に数回送信されます。
  • 祈りの課題を見ながら祈れるように、具体的な短い祈祷課題を送らせていただきます。祈りの形式は自由です。各自、主の前に、自分の決めた方法にそってとりなしてください。

どうぞ、今、主の前に時間をとってお祈りください。祈りなくしては、この働きは進みません。特別な思いをもってJCFNを支え祈ってくださる方が必要です。思いが与えられた方は、ぜひ「祈りの勇士」にご登録ください!

ha.gif

 祈りの勇士に登録します。

f t g