Newsletter (Equipper)

nagai永井敏夫
J. Clay Mission Network、 JCFN協力主事

直(なお)くん。元気ですか?君の名前の直という漢字には、いろいろな読み方があります。まず、「直に(じかに)」、「直向きに(ひたむきに)」、そして、「直中に(ただなかに)」。君の名は、じかくん、ひたくん、ただくんとも読めることになります。漢字は実に面白いです。

ところで、この秋はどう過ごしましたか?私は大阪と川崎に行きました。どちらも、直くんのようなリターニーにスポットを当てた集いで、手づくりのさわやか感がありました。奉仕をする人たちの目にあった直向(ひたむき)さがとってもうれしかったです。集まった人たちに不思議な一体感があって、お客さんという疎外感がありませんでした。みんなここにいていいんだという安心ムードがあり、交わりをエンジョイしていましたよ。(年齢、性別にまったく関係なく)それから、一緒に造り上げていこうという創造感もありました。人と直(じか)に接しているその直中(ただなか)に主がおられ、その主がひとりひとりに直に触れてくださいました。

JCFNは、君のように日本に帰国する人たち、帰国した人たちに、いろいろな情報や機会を提供しているネットワークです。人と人を出会わせることが好きなスタッフたちが日本とアメリカにいます。人と人が出会い、その人が主に出会い、主と共に歩むことに至福の喜びを感じているサポーターたちもたくさんいます。アーバナとかイクイッパーなどに参加した人たちのつながり、スモールグループのつながりもあり、これらのネットワークからまた人が出会っていくというサイクルがあります。町や市を越え、県や国を越え、海を越え、世界中にこのネットワークが拡がっていきますようにと私も願っています。直くん、今度一緒にJCFNの集いに行きましょう!

直向きということばは、パウロも使っています。

「ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリストイエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目指して一心に走っているのです。」ピリピ3:13-14

パウロのように私たちが一心に走るとき、同じように直向きに走っている仲間たちがいることに気づきます。各地にいる仲間たちが、今日もひたむきに祈っています。直くんのような人との出会いを待っています。地域毎のネットワークで、人が直に会い、その直中におられる主に賛美を献げています。

ANRC12まであと約1年になりました。直くんが行った2010年の大会のあと、各地で生まれた集いを造り上げている仲間たちが、日本から世界から集まってきます。開催期間は11月22日(木)から25日(日)までで、会場は静岡県掛川市の「つま恋」です。私はもうカレンダーに印をつけました。ぜひ一緒に行きましょう。募集サイトもオープンしています。ANRC12の中で人々がじかに触れ、そのただなかに主がご臨在くださいますように。

ANRC12ホームページ:

www.allnations.jp/anrc12

ANRCコネクションホームページ:

www.allnations.jpANRConnLogo