Newsletter (Equipper)

grant.jpg松下政弘
JCFNカリフォルニア州会員

日本では、教会が伸び悩み、クリスチャン人口が増加していません。アメリカでイエス様に出会った留学生は、帰国後に様々な逆カルチャーショックを経験し、教会の雰囲気の違いに戸惑い、信仰的にも多くのチャレンジを受けます。そのような過程の中で、残念ながら7割から8割が教会や信仰から離れてしまうそうです。

このままだと日本の教会の将来は一体どうなるのでしょうか?

この記事は、どんなことをしても日本の教会に成長してほしいと願っておられるあなたに、同じ思いと願いで書いています。

アルベルト・アインシュタインは「狂気:同じ事を繰り返し行い、 違う結果を予期すること。」と言いました。アインシュタインはともかく、聖書はなんと言っているのでしょうか?

「そんなことをすれば、革袋は破れ、ぶどう酒は流れ出て、革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋にいれるものだ。そうすれば、両方ともながもちする。」(マタイ9:17)

もし現状が変えられ、日本の教会がぐんぐんと育ち、海外で救われた若いクリスチャンがキリストの弟子として整えられ、体の一部としてキリストの教会を建て上げ、社会や学校、または家庭の中に光として送り出されるように願うのならば、神様は御言葉にあるように新しいぶどう酒を用意してくださるのではないでしょうか?

新しいぶどう酒はどのように与えられるのでしょうか?どのようにこのプロセスは始まるのでしょうか?

もし、プロ野球チームの成績が余り良くないのであれば、今までの練習ややり方だけを変えるのではなく、新しいビジョンを作り、改善された戦略をも変えなければなりません。それは誰が始めることでしょうか?選手でしょうか?いいえ、監督とコーチが始めます。もし彼らが始めないのなら、解雇され、新しい監督がやとわれるでしょう。それほど、試合に勝つことは大切なことなのです。

皆様はいかがでしょうか?神の勝利は、野球の勝利とは比べることができないほど重要なことをは明らかです。どのようなことをしてでも現状が変わることを願っている者は何をすべきなのでしょうか?

野球チームに似ていますが、この変化は、まず、リーダーから始まります。あなたがリーダーとして何をどうして良いのか分からない、どうやってやるのかわからないという方も、あなたのリーダーが何年しても変わらないというような状況であったとしても安心してください。最初の一歩は自分からです。周りを変えることはできませんが、自分を変えるのは自由です。

なぜ自分を変えるのでしょうか?子供は親から様々なことを学びますが、親は子供に対する最大の影響力を持っています。同じように、どのグループでもリーダーが最大の影響力を持っています。リーダーが変わればグループは変わります。グループが変わっていけば、他のグループも変わります。イエス様もパウロも模範を示し、人々に影響を与えてきました。

わたしがあなたがたにした通りに、
あなたがたもするようにと、模範を示したのである。
ヨハネ13:15

わたしがキリストに習うものであるように、
あなたがたもこのわたしに習うものとなりなさい。
第一コリント 11:1

教会が成長することを心から願うのならば、牧師を始め教会のリーダーたちが成長することほどの影響力はありません。

自分の周りに勇気が必要ならば、職場で証をするというのはどうでしょうか?

もしビジョンが必要ならば、まず自分が明確な人生のビジョンを持つのはいかがでしょうか?

変わろうとするリーダーこそが新しいぶどう酒であり、神様はこれらの人たちの心にまず、新しい働きを始めてくださるのではないでしょうか。