Newsletter (Equipper)
佐藤 明男
rev.sato.jpg

ANRC09参加者、トロント日系福音教会 日語部牧師

私たちの教会は、40年以上にわたる放浪生活を終えて、約束の地に教会堂を建てることが出来ました。そして、昨年の10月25日に献堂式を行いました。この約束の地において、私たちの教会がこれからどの様な働きをさせて頂けるのか、主に期待し胸を躍らせています。

そのような状況の中で、主から素晴らしいスポンサーが与えられてカナダからANRCに参加することが出来ました。

1日目は、教職者フォーラムでした。2日目からカンファレンスが始まりましたが、日毎に参加者が増えていきました。それも帰国者クリスチャンの若者たちがどんどん増えていったのです。それに伴い、私の泊まっていた部屋が変わりました。最初はひとり部屋、そして3人部屋、4人部屋へと。参加者の中には、会場のホテルに泊まることができずに、近くのホテルに泊まった人もいると聞きました。この集会のスタッフの人たちからは、嬉しい悲鳴が聞こえてきました。

カンファレンスの会場は、終始帰国者クリスチャンの主イエスを愛する熱気に包まれていました。これだけ多くの帰国者クリスチャンがいることに驚きました。また、今回参加できなかった人たちもいることを考えると、この人たちは氷山の一角にすぎないのではないかと思わされました。今、神は滅びようとしている私たちの祖国日本の民を憐れまれ、国際化の波に乗って海外に出て行った若者たちを通して、日本の国を福音化しようとしておられるのを強く感じました。

カナダのワーキングホリデーの受け入れ人数が、5千人から1万人に増やされました。ですから、さらに多くの若者たちが、カナダに来ようとしています。この時期に、私たちの教会に大きな会堂が与えられたことは、何かきっと神の意図があると確信しています。私たちのミニストリーの一環として、日本からの訪問者に対する門戸をさらに開放して行きたいと思います。トロントに来られる友達がおられたら、ぜひ福音教会を紹介して下さい。 栄光在主。   教会HP:www.jgct.com