会報(月報、年報)

ハレルヤ!主の御名を賛美します。

月報5月号から日が経っていませんが、6月15日に控えたGRC15:Global Returnees Conference(山梨県)の第2次締切を来週に控え、主講師からのメッセージ、実行委員の期待をお送りします。また、北米イリノイ州シカゴで行われている学生ミニストリーからの報告も届いています。そして、6月末は、年末に行われる、JCFNの発祥の地(25年前!)であるUrbana15:アーバナ宣教大会(ミズーリ州セントルイス)の第1次締切も今月末にやってきますのでそのお知らせもお届けします。

ハレルヤ!主の御名を賛美します。

この時期は、特に北米では学校の年度が終わり、夏休みに本帰国、一時帰国者が多くいます。今月の月報では、帰国者の証をお届けします。また、最近の関東でのスモールグループの様子の報告も併せてご覧ください。


ハレルヤ!主の御名を賛美します。

今月の月報では、equipper conference 14の全体集会で語られた証のひとつをご紹介します。

ハレルヤ!主の御名を賛美します。

今月の月報では、9月20〜23日に行われますGRC15:Global Returnees Conferenceに関するものを中心にお届けします。

*3月の月報がずれこんでしまい、大変失礼いたしました。

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

JCFNでは、カリフォルニア州で開催したequipper conference 14(ec14)で2014年を終了し、新しい年を迎えました。2014年、色々な場面でJCFNに関わり、ご支援くださりありがとうございました。2015年も、共に帰国者フォローアップに関わってくださいますよう、よろしくお願いします。2015年9月には、富士山の麓、河口湖にて、GRC15:Global Returnees Conference 15(通称:グリコ)という帰国者のための修養会を開催します。ec14終了後、GRC15に向けての準備がさらに本格化しているところです。ぜひ、働きを覚えお祈りください。